バストを大きくするなら理想を追求できる豊胸手術が1番

バストを大きくするなら理想を追求できる豊胸手術が1番

バストアップブラ、バストアップサプリなどバストアップに効果がある、と謳う商品を使ってバストアップを行なおうとする方は非常に多いのですが、こういったものでは効果を得る事はまず不可能で、過度な期待をするだけムダである事がほとんどです。

 

バストアップ用品でバストが大きくなるのであれば豊胸手術は必要ありませんし、少なからず体に負担を掛ける事になる豊胸手術を受けてまでバストを大きくする方はいなくなるはずです。

 

しかし豊胸手術の人気はとどまる事を知らず、多くの女性が美容整形を頼りバストを大きくする事を決意し豊胸手術を受けています。

 

豊胸手術にも様々な方法がありますが、昔から行なわれている人工乳腺を挿入する方法が1番長持ちしますし、触り心地や大きさ、ボリュームにまでこだわったバストメイクを行なう事が出来ます。

 

人工乳腺とはシリコン製のシリコンバッグの事で、本物のバストのようにたわわな谷間に仕上げる事が出来、触っただけでは胸にシリコンバッグは入っているとは分からず、本物のバストと何ら変わりがない触り心地、見た目を実現出来ます。

 

豊胸手術以外の方法もあり、最近では自分の脂肪や血液をバストに注入してバストを大きくする豊胸手術もありますが体への負担は少ないものの、効果の持続期間は短く、それらを注入する方法で豊胸手術を受けた日から体内への吸収が始まり、大きくなったバストが時間を掛けて元に戻ってしまうというデメリットがあります。

 

シリコンバックは吸収される事がありませんし耐久性も強く、少しの衝撃では壊れないものですから長くいれておく事が出来ますし、何か不具合でも起こらない限りはメンテナンスの必要もありません。

 

高品質なシリコンバッグを挿入すれば型崩れもありませんし、定期的にシリコンバッグの入れ替えをする必要もなく1回の豊胸手術で理想的なバストサイズを長期間キープする事が出来ます。

 

もう少し小さくしたい、形を変えて大きくしたい、など必要な場合はシリコンバッグを入れ替える事も可能で、自由自在にバストの大きさや形を操れます。

 

シリコンバッグを使った豊胸手術の方法ですが、施術にメスを使い体の一部を切開する必要があるのですが見えないように切開が行なわれますし、切開の範囲もごく小さく傷跡が分からないように行なわれますから手術痕を心配する必要はありません。

 

シリコンバッグは脇の下から挿入し、シリコンバッグの大きさにもよりますが脇の下を2〜3cm切開して、そこから挿入するのですが脇の下のしわに沿って切開が行なわれる事がほとんどですから傷跡は分かりずらく、術後しばらく経てば豊胸手術の形跡はほとんどなくなります。

 

腕の立つ医師が在籍するクリニックであれば、腫れや痛みもほとんどない豊胸手術を受ける事が出来ますし手術に掛かる時間は1時間〜2時間弱で、意外と早く短時間で済みますから気軽に受ける事が出来ます。

 

数週間のダウンタイムは必要ありませんし、吸収糸を使用すれば抜糸の必要もありませんから痛みを心配する方でも安心です。